blog index

YOKOHAMAグリーンオーケストラ - blog

YOKOHAMA♪グリーンオーケストラの活動を紹介するブログです。
私とYGオケとの出会い

こんにちは。クラリネットのかのと申します。

 

私がYGオケに出会ったのは昨年の8月です。
今日は私のYGオケとの出会いについてお話ししたいと思います。

私は中学時代にオーケストラ部に入り、クラリネットを吹き始めました。
中学高校、そして大学のオーケストラサークルで、細々とではありますが
オケを続けてきました。

 

しかし、そこで一つの転機が訪れました。
それは所属していた大学のサークルの引退です。

大学を出て外部のオケに入りクラリネットを続けるためには
B♭管クラリネットの他に、A管クラリネットが必要でした。
当時、私はA管クラリネットを持っていなかったし
何よりオケのクラリネットの募集は本当に少ない!ということもあり
オケは大学のサークルの引退とともに一旦終わりにしました。

 

時は流れ、社会人になり、オケへの思いを完全に忘れていた頃に
「やっぱりオケっていいなあ… 」とふと思う出来事がありました。
ダメもとで募集を調べてみたら… なんと偶然にも
オケのクラリネットの募集がありました!

ここで初めてYGという団体の存在を知ったのです。
しかも学生時代のほとんどを過ごした横浜が拠点のオケ!
ひとまず練習場所には通えそうで安心しました。

 

そして、次回の演奏会の曲目を確認してみると、
そこにはサンサーンスのオルガン付きと
書かれているではありませんか!

 

実はこの曲は中学生でオケを始めた
自分が最初に耳にした交響曲で、オルガンとオケの
美しい旋律に感動して以来、ずっと憧れていた曲でした。
憧れていた曲を演奏できるチャンスが訪れたのは何
かのご縁だと信じ、A管クラリネットを持っていないという問題は
とりあえず置いといて(笑)
すぐさま見学の申し込みを行いました。

 

ですが… 小心者の私は、見学は申し込んだものの
当時全く知らない団体であったYGに見学へ行くのは怖く
とても緊張していたことを今でも覚えています。

 

しかし、それらの不安とは裏腹に
YGの皆さんが暖かく迎えてくださり
入団を決め、A管クラリネットも手に入れ
オルガン付きを演奏したいという念願も無事に叶い
現在に至ります!

 

オケを探してYGのページに辿り着いた方には
それぞれの音楽に対する思いの他に不安もあるかもしれません。
しかし、YGのこのページに辿り着いたのは
一つのご縁かと思います。

 

もしも迷っている方がいらっしゃいましたら
ぜひ一度見学にいらしてみて下さい!

団員一同、心よりお待ちしております♪

 

CL かの

 

 

YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ 

見学のお申し込み 

その他のお問合せ 

今後の練習予定

| YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ | 入団のきっかけ | 10:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
YGオケ 平成31年度ビオラリゾート

こんにちは!ビオラパートのリッキーです。
YGオケには最初6年くらい前にバイオリンで入団し
2回演奏会に出た後、2年くらいお休みし、前回の演奏会から今度はビオラで参加しています。

 

今回はバイオリンとビオラの違いについて書いてみたいと思います。
転向する前は、ちょっとサイズが大きいだけでほぼ同じかな、くらいに
考えていたのですが実際やってみるとたくさんの発見がありました!

 

1.ビオラは決まった寸法、形が無い。
バイオリンは大きさや形はほぼ一定ですが、ビオラは大きさや厚さ、幅、形などまちまちです。
それによって出てくる音にも個性があるので、自分に合う楽器に出会うととても楽しいです。

 

2.C線がある。
バイオリンはG, D, A, E線なのに対し、ビオラはC, G, D, A線になります。
C線独特の音色や音の出し方があり、いい音が出ると感激しますね。

 

3.オケではハイポジションはまず出てこない。
通常は第三ポジションくらいまでで、ときどき第五ポジションが出てきますが
バイオリンパート(特にファースト)に比べるとかなりとっつきやすいです。

 

4.音符がバイオリンはト音記号なのに対し、ビオラはハ音記号。
これには最初はかなり戸惑いました。
〇十年、ト音記号しか経験していなかったので…。
でも、私もそうでしたが皆さん数か月でいつの間にか慣れるようです。
(私は今でもとっさのときにト音記号で読んでしまうことがありますが…)

 

5.重い。
ビオラはやはりずっしりと重く、弾くのにも体力いります。
ビオラ転向後、ジムで測定したら上半身に筋肉がついていました…。

 

6.オケでの位置が違う。
YGではビオラは外側、ファーストバイオリンの反対側になります。
指揮者と楽譜を見るときの目の使い方が変わるのでこれも結構戸惑います。

 

7.メロディが少ない。
反対側ではファーストが優雅に、隣ではチェロが朗々とメロディを歌い上げる中
ひたすら裏方でメロディを支えます。
地味に難しかったりしますが、弾けていなくてもお客さんにはまず分かりません(?)
たまに渋いメロディが出てくると張り切ります!

 

ビオラパートは現在団員5人。
ブログタイトルのとおり、リゾートのようにのんびり
和気あいあいとそれぞれマイペースで楽しんでいます。

 

実は我々5人、諸事情あってバイオリンからの転向組ということもあってか
結束が固く、LINEグループで日々連絡を取り合いながら
午前と午後の練習の間には一緒にランチを食べたりしています。
(ちなみに「ビオラリゾート」はLINEグループの名前です。)
パート分奏も半期に1度くらい、ゆるーい感じです。

 

まだまだ団員募集中ですので、ぜひお気軽に見学にいらしてみて下さい!

 

Va リッキー

 

YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ 

見学のお申し込み 

その他のお問合せ 

今後の練習予定

| YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ | 楽器やパート紹介 | 10:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
メール係の仕事

こんにちは! 

メール係のととたけです。

今回はメール係の仕事をご紹介します。

 

メール係は、見学希望者からのメールを受け付けて見学の案内をするのが主な仕事です。
見学者と一番最初に接触するので、YGオケを印象付けるとても大事な係です。

仕事の流れは次のようになります。

 

1.団のメールをチェックして見学者からの連絡を待つ。

1日に3〜4回メールをチェックして返答メールは迅速に返す。

 

2.見学者に連絡して見学の日を決める。

日時や練習場所を間違えないように注意すること。

 

3.練習日の2日前までに団の掲示板とメーリングリストを使って

団員に見学者の名前、楽器、見学回数を連絡する。
年齢、楽器歴、メールアカウントなどの個人情報は流さないこと。

 

4.当日は見学者に挨拶をして見学係に引き継ぐ。

練習後は「見学はいかがでしたか?またご連絡します」など声をかける。    

 

5.見学が終わったら1〜2日後に次回の練習日と

練習内容を見学者に連絡して、次回参加の確認をする。

 

6.入団された場合は、入団案内を渡して団員登録などの説明をする。

入団者名を団のWeb担当に連絡する。    

 

7.見学者がパートの定員を超えたら、Web係に連絡して募集を停止してもらう。

各パートの定員を把握しておくこと。

 

結構やることがあります。
他にも、団長、コンマス、各パートリーダーと連絡を密にすることが重要です。


見学者のデータはパソコンで管理して、連絡の重複や

名前の間違え等がないように注意しています。

 

私は会社でパソコン前の仕事がメインなので、こっそり会社で

メールチェックしたりデータ更新などしています。

 

見学には色々な人がおいでになります。

今までの最年少は小学4年生の女の子、最年長は75歳のおじいちゃんが入団しました。

また外国の人からも連絡がきます。

こうなると英語に堪能な団員の力を借りて英語で連絡しなければなりません。

 

残念ながら見学後に連絡が途絶えてしまう人や、メールを出しても何も返事がこないと

私の対応が悪かったのかと心配になります…。


もしYGオケの雰囲気が合わないようであれば

気楽に見学辞退しますとメールしてくださいね。

 

見学係の楽しみの一つは見学者とお会いすることです!

たくさんの見学の方達とお話出来ることを楽しみにしています。

 

見学希望の皆さんは、最初にメールを出すことに結構勇気がいるようです。
怖がることはありません。弾けなくても大丈夫です。気軽にポチッとメールを出してしまいましょう!
楽しい音楽の時間がいつでもお待ちしています。

 

ととたけ@メール係

 

YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ 

見学のお申し込み 

その他のお問合せ 

今後の練習予定

| YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ | 練習&活動内容 | 10:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
地元に帰りましたがまだYGOにいます
どうもこんにちは。

3月に学び舎を追い出され、4月から社会に解き放たれました。
君は生き延びることができるか。

そういうわけで今は茨城県に住んでます。
つまり練習のたびに特急に乗って横浜に上陸します。

地味に遠いです。あと出費も地味に痛いです。
石川県愛知県よりは近いですが遠いです。

それにもかかわらずなぜまだYGOにいるのか。

ここでYGOの雰囲気が好きで〜とかいう理由を一番にあげられれば
キレイな話になるのですが、残念ながらそうではなく
単純に地元の市民オケに空席がなく入団できないからです。

もちろん茨城にも市民オケはいくつかあるのですが
数が少ないので管楽器の席はたいてい埋まっています。

なのでオケをやりたかったら市民オケがたくさんある
東京まで行かないといけません。
そこで「どうせ東京まで行かなきゃいけないのなら横浜まで行っても同じ」と思い
YGOに居続けることにしました。

これだと締まらないので、そもそもなぜオケを続けているのかという話をします。

それはオケでしか味わえない楽しみというものがあるからです。
語彙力がないせいで的確に表現できず、あいまいな表現に
なってしまっていますがつまりそういうことです。

細胞が各々の役目を果たしつつ周りと連携することで
一人の人間を形作るように、50人以上もの性別も年齢も考え方も
異なる演奏者たちが一致団結し
ひとつの深みある音楽を表現するということには
他では味わえない感慨のようなものを感じます。

それこそがオケの楽しみであると、私個人は思っています。

まだオーケストラの経験がない方も、そんな未知の体験をしてみませんか?

YGOでは初心者経験者を問わず新入団員を募集してますので
まずは見学に来てみてください。

何十人もの演奏者が一致団結して演奏するためは、一人一人が
常に周囲に気を配りながら演奏しなければならないので
初心者の方は苦労するかもしれませんが、その苦労を超えた先に
今まで見たことのない景色が広がっているはずです。

周りの団員も精一杯サポートしますので、一緒に頑張りましょう。
団員一同お待ちしております。


ギンブナ@Trb

 

YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ 

見学のお申し込み 

その他のお問合せ 

今後の練習予定

| YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ | 練習&活動内容 | 10:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
GW中の個人練習について
10連休も終わりましたね。

GW中は頑張って練習しよう!と思いましたが
結局練習日以降1度しか楽器の蓋を開けていません。

理由は、、、子どもが邪魔しにくるから!
私は大体自宅のまだ使ってない子ども部屋で練習しますが
弾いているといつのまにか子どもが背後に来て
おもちゃの銃で撃ってくるわ、前転からの頭突きをするわ
兄弟喧嘩をするわで、まあ30分もできません。

楽器に興味があるならバイオリンやる?と聞いても長男は「絶対やだ」と。
今は次男に習わせようと狙ってます。


はまちゃん@Vn

 

YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ 

見学のお申し込み 

その他のお問合せ 

今後の練習予定

| YOKOHAMA♪グリーンオーケストラ | その他 | 10:00 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ